ボートレースクラシックは、競艇で最高峰グレードである「SGレース」の1つ。
1966年から開催されている、歴史のある大会です。

今回は、そんなボートレースクラシックの賞金や出場条件・歴代優勝者について徹底解説していきます。
レースの詳細や傾向を知ることで、きっとあなたの舟券収支はプラスになることでしょう。

それでは、さっそく確認していきます!

ボートレースクラシック(鳳凰賞競走)とは?

ボートレースクラシックは、毎年3月下旬に行われるSGレースの1つ。
5大SG競走のひとつ「GRANDE5」に制定されており、優勝賞金は競艇界で2番目に高い3,900万円です。

正式名称は「鳳凰賞競走」で、1966年から続く伝統あるレースの1つ。
1988年〜2014年までは「総理大臣杯」と改称されていましたが、2015年度から現在の「ボートレースクラシック」という呼称に変わりました。

前年の「重賞優勝者」が勢揃い!ボートレースクラシックの出場条件は?

ボートレースクラシックを含むすべてのSGレースには、出場条件があります。
各SGレースによって必要な資格は違うので、さっそくこちらも見ていきましょう。

・前年度のボートレースクラシック優勝者
・前年度のボートレースグランプリ(賞金王決定戦)優勝戦出場者6名
・前年に開催されたSG・PG1・G1・G2の優勝者
・前年に開催されたG3以下の大会における優勝回数上位者
・前年の全国ボートレース甲子園競走優勝者

前年度にしっかり結果を出した選手だけが、ボートレースクラシックに出場できるんです。
2019年に初めて開催された「全国ボートレース甲子園競走」の優勝者も、2020年から参加権を得られるように制定されました。

艇界を代表するエース揃い!過去10年間の歴代優勝者

第54回 2019年【戸田】 吉川 元浩  (1号艇 逃げ)
第53回 2018年【浜名湖】 井口 佳典 (2号艇 まくり)
第52回 2017年【児島】 桐生 順平 (1号艇 逃げ)
第51回 2016年【平和島】 坪井 康晴 (1号艇 逃げ)
第50回 2015年【尼崎】 桐生 順平 (1号艇 逃げ)
第49回 2014年【尼崎】 松井 繁 (1号艇 逃げ)
第48回 2013年【平和島】 池田 浩二 (1号艇 逃げ)
第47回 2012年【戸田】 馬袋 義則 (1号艇 逃げ)
第46回 2011年【戸田】 震災のため中止
第45回 2010年【平和島】 山口 剛 (2号艇 抜き)

ご覧のとおり、トップクラスの実力を持つ豪華な顔ぶれが揃っています。
東北大震災で中止となった2011年を除き、9レース中7レースが1号艇で勝利するなど、優勝戦は堅いレースになりやすいみたいですね。

また、配当金が多いのもSGならではの特徴。
さっそく、こちらも見ていきましょう。

第54回 2019年【戸田】 1-3-2 610円(3番人気)
第53回 2018年【浜名湖】 2-4-6 25,140円(60番人気)
第52回 2017年【児島】 1-5-2 4,280円(17番人気)
第51回 2016年【平和島】 1-4-3 680円(10番人気)
第50回 2015年【尼崎】 1-3-2 2,280円(6番人気)
第49回 2014年【尼崎】 1-6-4 7,390円(24番人気)
第48回 2013年【平和島】 1-2-4 1,090円(1番人気)
第47回 2012年【戸田】 1-2-4 3,610円(4番人気)
第46回 2011年【戸田】 震災のため中止
第45回 2010年【平和島】 2-1-4 3,420円(9人気)

一般戦の1番人気なら500円以下なんて配当もザラですが、2013年平和島大会の払戻金は1位人気で1,000円を超えています。
やはり大規模な大会のため投票人数が多く、全員が有名選手のため人気が割れるからでしょう。

手堅く高配当を狙うなら、SGレースは最もオススメ。
鉄板レースでも点数を絞って狙えば、数万円〜数十万円を1日で稼ぐことも十分可能ですよ!

確実にボートレースクラシックで大金を稼ぎたいなら競艇予想サイトも◎

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
ボートレースクラシックの賞金や出場条件・歴代優勝者について解説させていただきました。

ボートレースクラシックを始めとしたSGレースでは、普段とは違う熱気を感じられます。
配当金も一般レースより高額になる傾向があるので、ぜひ大金を稼いでみてくださいね。

ですが、実際に舟券を購入している方の中には、

「自分で予想をしてみても、全然当たらない…」
「鉄板だと思ったレースが荒れて負けてしまった…」

こんな経験をしている方も多いかもしれません。
たしかに競艇で大金を稼ぎ続けているのはごく一部の人だけ。

安定して1日で大金を稼ぎたいなら、競艇予想サイトに登録するのがオススメです。
過去数十年分のデータを解析した予想や、業界関係者から得た極秘情報もゲット可能。

サイトによって特徴やメリットはさまざまなので、自分に合った競艇予想サイトを選ぶのが大事になります。

当サイト・エースモーターズでは、実際に各競艇予想サイトを実際に登録して予想や情報を徹底検証しています。
具体的な3連単の予想など、実際に当たっているのかしっかりと確認し、信頼できるサイトのみを厳選して公開中!

公開しているサイトは、すべて登録無料です。
ボートレースクラシックで高配当や万舟券を当てたい方は、ぜひ↓から自分に合った競艇予想サイトを探してみてくださいね。